オフィスのリニューアルで意識すべき点とは

オフィスのリニューアルで意識すべき点とは

現在の職場環境の不満に対する根本的な解決を試みたい場合、多くの企業で選択肢として考えるのがオフィスの「移転」あるいは「改装」です。特に、オフィスの契約更新時期が近くなってくると、本格的にオフィスのリニューアルを計画し始める企業担当者も多く見られます。

移転よりもコストが少なく、仕事空間のイメージを大幅に変えられるオフィス改装ですが、後から後悔しないためには事前の下調べが重要です。そこで以下に、オフィス改装前の準備や業者選びの際に知っておきたいポイントをまとめました。

オフィスは改装すべき?移転すべき?判断を下すポイント

自社のオフィスを本格的に改善しようと考えた際、改装するか移転するか、判断に困るケースも多いでしょう。その場合の判断基準として、ぜひ注目したい点を詳しく説明します。

スペースの確保は十分か?

スペースの確保は十分か?

多くの人が行き交うオフィス空間は、人の動線を意識した設計が求められます。メインとなる通路は、人が行き違うことを想定し、1200mm以上の通路幅を確保できれば理想的です。通路の幅や人の動きを加味して、デスクの奥行も選ぶ必要があります。

またデスクの横幅についても配慮を要します。日本人は海外に比べるとパーソナルスペースが広いため、隣と近すぎる距離だとストレスを生じがちです。隣との距離が120cm以上とれればベストですが、どうしても難しい場合はパーティションを活用しましょう。

人員や設備の増加に伴ってスペースの確保が難しい場合は、オフィス改装ではなく移転を検討してもよいでしょう。

またオフィス移転に関するより具体的な情報が掲載されているサイトも以下に記載しておりますので、オフィスの移転を検討されている場合にはそちらも参考までにご覧ください。

参考サイト:オフィス移転必要な期間は?流れとスケジュールについて | TTK東洋通信工業株式会社